これは・・・目元の保水のいろいろ

 

目のまわりは皮ふが非常に薄いため、ちょっとの刺激で肌トラブルなんかがおきやすい箇所であります。そのため、毎日の入念な肌ケアが必須なところであるとも言え、お手入を続けることによってちりめんじわや黒クマ、目の下の弛みといったトラブルを解決していく事が出来るのです。

お手入れする時には、状態に沿った肌対策を継続する事が大切です。保湿美容ゲルもお肌の悩みにあわせた種類が数多く売られているので、症状に合った商品を選ぶことが肌トラブル解消に効果的だとされているようです。

目の周りの乾燥が気になるといったときだと、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲン等のモイスチュア成分が入っているものを使うことがオススメになります。保湿成分は肌のバリア機能が非常に優秀なため、エアコンなどが原因の乾燥によってできる眼もとのちりめんじわに効果的です。

肌のくすみが困る原因の時には、美白成分のあるvitaminCderivativeがお薦めです。vitaminC誘導体はコラーゲンの合成を促進する働きがあるものですから、日焼けした時や炎症が原因で体内で合成されたメラニン色素によって起こったしみやシワに効き目があり、目もとのしわを本当に解消していきたいいきたいときにはレチニールエステル配合のクリームがお薦めだと言われています。肌への負担が少なく安定されているレチナールと呼ばれている成分はvitaminAの総称となります。ビタミンAは肌に必要な成分で傷んだ肌や細胞を治してコラーゲンやElastin、hyaluronanを作り出します。

ただし使用される前に注意しなければならないのは、ヴィタミンC誘導体やレチニールエステルというのは皮ふが敏感な方が使った場合肌への刺激が表れることもあるようです。ですので、皮膚トラブルを避けるように使うためには一度皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストをして肌の様子を見て使うことがおすすめです。また、目もとの御手入れを行うときはクレンジングetcにも気をつける必要があります。