今回は目元の乾燥の改善のことを考えてみた

 

目のまわりは肌がハンカチほどの薄さしかないので、僅かな刺激でしわなんかが起きやすいところなんです。その為、日頃から丁寧な目元ケアが必要なところであるとも言え、目もとケアする事でちりめんじわや茶くま、目の下の弛みといった状態を解消することが出来るのです。

お手入れする時には、肌のコンディションにあわせたケアをしていくことが必要です。美容ゲルもお肌の悩みにマッチしたもの等がお店で非常に多く売られているので、肌の状態にあわせた物を選んで使ってみることが肌トラブル解消に効果があると考えます。

目もとの乾燥が悩みの原因なんてケースだと、潤い成分を含んだセラミドや保水力のあるヒアルロン酸、コラーゲンなんかの保湿成分が入っているものがおすすめになります。コラーゲンは保水力がとても優秀なため、室内外の温度差などが原因の乾燥に出来てしまった目の周りの縮緬皺に効果ばつぐんです。

肌のくすみが悩みといったときには、シミ予防に効果であるvitaminC誘導体が有効です。ビタミンC誘導体はコラーゲン生成を促進させる成分で、紫外線や皮膚の炎症などで体内で生成したメラニン色素によって起こった色素沈着や皺に非常に効果があり、目元のしわをちゃんとケアしていきたいというときにはRetinol入りの美容エッセンスがオススメだといわれてます。少ない刺激で安定した成分で美容液などに配合しているレチナールと呼ばれているものはvitaminAの総称です。ビタミンA健康な肌作りに非常に大切な栄養素で傷ついた肌の粘膜や細胞をリカバリさせcollagenやElastin、hyaluronic acidを生み出します。

そこで使う時に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやRetinalというのはお肌があまり丈夫でない人には刺激が強い場合もあるようです。そのため、皮膚トラブルを避けるように使う前には一度皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストを行ってから使いはじめることが大切となります。そして、目元のケアを行う時にはクレンジングゲルなどにも気をつける必要が大切です。