例の目元ケアだそうな

 

目の周りを被っている表皮は体の中でも一番薄いと言われるため、ごく僅かな刺激でも皮ふトラブルに繋がりやすいとてもデリケートな部分です。顔の中でも瞼や目尻は縮緬じわが出来やすく、人知れず悩んでいる人も非常に多いとないでしょうか。

眼元に縮緬皺が出来てしまうという理由は様々で、ファイバータイプのマスカラやパウダーアイライナーといったアイメークをきちんと落とす事が出来ていないために皮膚に想像以上にダメージをかけていたり、洗浄成分がかなり強力なオイルクレンジング剤を使ったり、洗いすぎてしまうことによって本来お肌に必要な皮脂まで洗いながしてしまう、毎日のケアが不十分で状態をが可能性として挙げられます。そして、パーソナル・コンピュータや携帯端末の長時間の作業は眼に負担となってしまい、慌しく不規則な生活サイクルと慢性的な睡眠不足が重なることで目の疲れが取れない原因につながっていってしまいます。するとこの目の疲れも目元のしわの原因の一つとなるかもしれないのです。

これらの習慣が原因によって出来た目元のしわを取るためには、アイライナーを落とす際にはなるべく目もと専用のクレンジング液を使用して、アイブローのきちんと落ちてない所がないようにすすぐのです。また、肌に水分をはさみ込むであるセラミドやcollagen等が入っされた化粧水等を使ってきちんと丁寧にスキンケアを行っていくようにします。リンクルケアの美容液なども有効です。

目の疲労を回復させるためには、あったかいタオルを目もとに当てて血行を良くすることや、PCなどを使う際には数分休憩をするなどもとても良いとされています。そのほかのケア方法は、紫外線対策として日焼け止めを塗る、紫外線をブロックするサングラスをかけて出かけるなどどいった事も大変効果的になります。また、眼の周りを擦ったりしないように注意することは時間も場所も問わず出来る疲れ目予防と言えるのではないでしょうか。