目元専用美容液の選択方法に関してコチラで把握していきませんか?ぜひともお読みください

 

眼の周りは肌がハンカチほどの薄さしかないため、少しの刺激で乾燥などが出やすい場所です。その為、しっかりとしたお手入れが重要な場所ともいえ、目元ケアを継続することによってシワや黒くま、眼元のたるみなどを軽減することが可能です。

お手入をするときには、症状にあわせた目もとケアを継続することが必要です。目もと専用美容液もお肌の状態に見合った物がお店で広く売られているため、肌の悩みにフォーカスした化粧品を選ぶ事が肌トラブル解消によいとされております。

目の周りの乾燥が悩みのタネなんて場合には、潤い成分を含んだセラミドまたはヒアルロン酸、肌の美しさを整えるコラーゲン等のうるおい成分が配合されたものを使うことがお薦めです。セラミドは肌に水分を閉じ込める力が非常に優秀なので、室内外の温度差などが原因の乾燥にあらわれる目のまわりのちりめん皺に効果ばつぐんです。

目元のくすみが困る原因のときには、美白成分のあるvitaminC誘導体が有効です。ヴィタミンC誘導体はコラーゲン生成を活発にする働きがあるので、日に焼けた時または肌へのダメージが原因で生成されたメラニン形成細胞によって起こった色素沈着やシワに有効で、目もとの皺をちゃんと解消していきたいというときにはレチニールエステルという成分がおすすめだと言われています。お肌に優しく安定してしみ対策の化粧品に配合しているレチノールと呼ばれているものはビタミンAのことを言います。ビタミンAは肌にとても大事な要素で傷んだ肌や細胞をリカバリさせCollagenやElastin、ヒアルロナンを作ります。

しかし使用される前に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやレチニールエステルといった成分は素肌の敏感な方が使用した場合刺激が表れることもあるようです。ですから、皮膚トラブルを避けるように使うために1度皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストをやって肌の状態を見ながら使い始めることが大切です。そして、眼もとのお手入れをする時はクレンジングゲルなどにも気をつけることが重要です。