美容液の選択方法に関してこちらで確認していきませんか?ぜひともご覧下さい

 

目もとは肌が薄いですから、僅かな刺激によってしわ等が出やすい箇所といえます。そのため、しっかりとした目元ケアが必要不可欠になる箇所であるとも言え、お手入を継続することにより乾燥小じわや青クマ、弛み等の状態を解決していく事が出来ます。

ケアする時には、状態に合わせたケアを継続していくことが大切です。保湿化粧品もお肌の悩みに適した商品が多く販売されているので、肌のコンディションに適した商品を使ってみるしてくことが肌トラブルの改善に有効的だとされているようです。

目の周りの乾燥が悩みのタネといったときだと、潤い成分を含んだセラミドまたは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲンなどといった潤い成分が含まれているものを使用することがお薦めとなります。ヒアルロン酸は肌に水分を閉じ込める力が高いので、乾燥に現れる目のまわりのちりめん皺に有効です。

肌のくすみが悩みとなる場合だと、シミ予防に効果があるヴィタミンC誘導体がお勧めです。ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を活性化させるもので、日に焼けた時または肌へのダメージが原因で体内で生成されたメラニンによって起こるくすみやしわに効果があり、皺をちゃんとケアしていきたいという時にはレチノール入りの美容エッセンスがオススメだと考えられています。少ない刺激で安定した成分で美容液などに配合されている酢酸レチノールと呼ばれているものはヴィタミンAの総称です。皮膚にも重要な栄養素で傷んだ肌や細胞を修復してcollagenやElastin、ヒアルロン酸を体内で作り出します。

ただし使用前に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやRetinolというのは皮膚が過敏な人が使用された場合肌への刺激が表れることも考えられます。なので、皮膚トラブルを避けるように使用する前にはなるべく手の平などにそれらを塗りパッチテストをして肌の状態を見ながら使い始めることがお薦めです。また、眼元のcareをする際にはオイルクレンジング剤etcにも気をつける必要が肝心です。